手作り大好き!パンダ大好き!ツマnodoca-yとパン大好きオットnodoca-t、ふたり暮らしの日々を綴ります。


by nodoca-y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:映画( 5 )

マザーウォーター。

明日は文化の日だし、最近ご無沙汰だし、映画みてきました。
マザーウォーター。
京都で撮影されたこの作品。
同僚の奥さんは昼間に小林聡美に会ったらしい。
f0220495_09217.jpg

歩くスピードと話すスピードは同じらしい。
どこで聞いたんだったか、そんな話を聞きました。
ツマはスタスタ歩きます。
ということは、べらべら早口で喋ってるんでしょうか。
ゆっくりまったりとしていたいけど、でも実際ゆっくりだけでは生きていけないよな〜なんて感じる忙しい今日この頃。
常にココロに余裕をもちたいもの。
めちゃくちゃゆるいこの映画をみてると、日々の忙しさに追われる自分に気付きます。
[PR]
by nodoca-y | 2010-11-02 00:07 | 映画
3連休最後の今日は、オットに頑張って早く帰ってきてもらって「借りぐらしのアリエッティ」を観に行きました。
大好きなジプリ作品です。
スゴク楽しみにしていて、前売り券もちゃんと買って準備万端。

19時過ぎに帰ってきたオットに、スグに食べてもらえるよう冷麺作っておきました。
冷麺といっても、茹でた半田麺に、きゅうり、炒り卵(錦糸卵失敗(汗))、トマトをのっけて手作りタレをかけただけなんですけどね・・・。
ぺろりと平らげてくれました。
これで映画中おなか空かないね。
無事20:15からの上映に間に合いました。
f0220495_1091875.jpg

普段私たちが使っているものを小人さんたちの知恵と工夫でいろんな使い方をしているのにまず驚きます。
洗濯ばさみやまち針、両面テープ、お弁当用の醤油入れ、灰皿などなど。
それを思いつく人間の監督さんもスゴイな〜と感心します。
「借り」と「狩り」をかけているのか、お父さんと一緒にアリエッティが床下から人間の住む床上にあがって、ティッシュや角砂糖を「借りに行く」シーンは、小人の知恵がつまった大冒険のようでした。
たった1軒の屋敷での話なのに、小人サイズでみるとスケールがとても大きく感じられます。
人間の少年翔とアリエッティとの交流も見物です。
心にズシッとくるような厳しい言葉を突然言ったりする翔ですが、とても心優しく、前向きに生きることをアリエッティから学ぶような気がします。
好奇心をかき立てられるような映画で、半分ツマに付き合わされてる感のあったオットもとても楽しめたようです。
[PR]
by nodoca-y | 2010-07-19 10:30 | 映画

ホノカアボーイ。

見逃した映画、ホノカアボーイ
DVDレンタルしてきました。
予想通り(?)、すごく好きな映画でした。
ストーリーも出演者も映像も音楽もすべて好みというか。
お料理もたくさん出てきます。
高山なおみさんが担当されているそうです。
ロールキャベツやマラサダを食べたく、作りたく、なりました。

いたずら好きのビーがレオと会ってから、だんだん女の子に戻っていくのがなんだか可愛らしく共感できる部分も。
ビーのキッチン(おうち)には、カワイイものがたくさんあって、花柄のお鍋やクマさんのかき氷マシーン?、ハワイらしい模様のカーテンなどなど、それだけでも楽しめました。
おなかにブルブルマシーンをつけてる食いしん坊のエデリやちょっとエッチなコイチ、ガーガーいびきをたてて居眠りするみずえ、ウクレレの少年などなど登場人物すべてが良い味出してて愛すべきキャラクターでした。
せつなく温かく心にじんわり残る映画、おすすめですよ〜。
[PR]
by nodoca-y | 2010-06-26 11:53 | 映画

純喫茶イソベ。

今日はレンタルしたDVD「純喫茶イソベ」観ました。
ちょうどかなちゃんに手作りチーズケーキをいただいたので、それをおやつに映画鑑賞。
f0220495_234784.jpg

想像し易いストーリーで、おもしろかったけど特に心に残らず。
仲里依紗がだんだん嵐の二宮君にみえてくるのはnodoca夫婦だけでしょうか?(笑)
ちょっと嫌な女を演じる麻生さんを初めてみました。
どでかいどら焼きをかじる姿が印象的です。
[PR]
by nodoca-y | 2010-06-21 23:01 | 映画

鴨川ホルモー。

最近ふたりとも疲れ気味。
ツキイチムービーと称して、月に一度は映画を観ようとふたりで決めたものの、最近ほとんど観てません。
これじゃイカン、と疲れを吹き飛ばすくらい笑えそうな映画(DVD)を借りてきました。
鴨川ホルモー。
京都で撮影されたこの映画、見慣れた景色がたくさん出てくるのでそれだけでも楽しい。
奇妙なサークルを通して、恋や青春が描かれています。
レナウン娘やオニ語などなど笑いのツボ満載です。
オニ語で小オニたちを操ってみたくなりますよ。
ゲロンチョリ〜ッ、とかとか。
疲れたふたりには、ちょうどよい笑える映画でした。

気になる映画はトイレットやマザーウォーター。
あっ、マイケルも!
最近映画チェックもできてないわ〜。
ツキイチムービー復活させよ〜。
[PR]
by nodoca-y | 2010-06-11 23:52 | 映画